どのように豊胸手術するのか

まず豊胸手術とは、乳房を大きくするための手術です。主に大きくするためにする手術のことを言います。

豊胸方法も様々で、シリコンバッグ方法や脂肪注入や脂肪幹細胞移植やコンデンスリッチファト法やヒアルロン酸注入などがあるようです。

多くは、ヒアルロン酸注入、シリコンバッグ、脂肪注入の3つが選ばれています。

ヒアルロン酸注入について

まずヒアルロン酸注入は、注射のみの手頃な方法で即日・短期バストアップで傷痕が最小減で安心です。

方法は、乳房にヒアルロン酸を注入します。効果は一時的なもので、吸収されたら再度注入しなくてはいけません。いわゆるプチ豊胸です。
また注入後は、少し固めの感触になるそうです。
サイズは1カップしかバストアップが期待できないそうです。そして1年ほどしか持続しません。

シリコンバッグについて

次に、シリコンバッグは、とにかく大きくしたい、一度でハリのあるバストにしたい、一生物の大きなバストにしたいなんて人におすすめです。
方法は、体の一部を切開して、シリコン製のバッグを胸に入れます。
ラウンド型、アナトミカル型(下の部分が大きい釣鐘型)などの形状があります。永久的に使えるものではないので、追加手術が必要になります。破裂など他の合併症などがあるためリスクはありますが、大きいバストを望めます。
一度でハリのあるバストに変身できます。2~3カップほどバストアップします

ニューハーフの方々は、シリコンバッグの豊胸手術を行われているようです。

脂肪注入について

そして最後に脂肪注入です。極自然な仕上がりで柔らかく、触られてもバレません。自分の脂肪でバストアップできますし、授乳後の垂れた胸を治したい人におすすめです。
方法は、腹部などの自己体内から脂肪吸入した皮下脂肪を乳房に移植します。
大量の脂肪注入は、定着せず石灰化、脂肪壊死を生じ、硬結化や乳癌と間違って診断されることもあります。
サイズは、2~3カップほどバストアップが期待できます。
脂肪の定着率は約60%で、残りは、体内に吸収させてしまうので、維持することが難しいようです。

このような方法があるので自分に合った豊胸手術方法を選びましょう。

コメントを受け付けておりません。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme