男性が豊胸手術をどう思っているのか

GUM05_CL08004男性の人は胸が好きな人が多いですが、中には小さい方が好きと言う人もいます。女性の多くが、男はみんな大きいのが好きと思っている人が多いですが、そうではないようです。女性が思っているほど、男性は、大きい胸を求めているわけではないようです。

今回は、そんな男性が豊胸手術をどう思っているのかを書いていきます。

まず、男性が豊胸手術をどう思っているのかというと、約80%の人が「豊胸手術までする必要はないと思うようです」逆に約20%の人は「いいと思っているそうです」

男の人のほとんどが「豊胸手術をしてまで大きい胸にしなくていい」と思っているんですね。大きい胸が好きな人も人口的な胸は嫌みたいです。自然な胸が好きなんですね。

「人工的な大きな胸に魅力を感じない」という人、「そこまでされたら引く」と言う人もいるようです。

逆に豊胸手術に賛成の男性ですと、「胸にコンプレックスを持っていてそれを解消できるなら、いいんじゃないか」と言う人や、「本人が満足しているならいい」と言う人もいます。

色々な考えがあって当たり前ですから、あまり深く考える必要はないのかもしれませんね。ですが、あなたが豊胸手術をしているを知らない彼氏からいきなり「豊胸手術している人は嫌だ」とか「豊胸手術しないでね」などと言われたら言い出せませんし辛いですよね・・・

バレらきゃ良いですが、もしバレてしまった時にどう対処するかも考えた方がいいのかもしれません。ですが、「自分が誰に何を言われても動じない」と言う人なら別に考える必要はないと思いますが、好きな人からヒドイことを言われたらとても傷つく人のほうが多いと思います。

逆に男性も、気付いた時にきっと戸惑うと思います。それでも気にしないという人もいると思いますが、きっと最初はどうしていいかわからんと思います。

男の人は、大きすぎる胸よりCくらいがいいと思っている人が多いようなので、大きくすればいいというわけではないということを頭に入れておくといいかもしれません。

色々な目線から考えて豊胸手術を考えることが大切かもしれませんね。「自分が良ければいい」という人は、他人を気にする必要はないのかもしれません。

豊胸手術によくある失敗例

豊胸手術にもやはり色々な失敗もあるようです。豊胸手術をしようか悩んでいる人は、する前に失敗例も知っておくといいでしょう。ですので、今回はよくある失敗例を紹介します。

●バストがいびつになってしまう
シリコンバッグを入れた人の1割程度の人がカプセル拘縮が起こると言われています。
他にも、技術に伴わないヒアルロン酸注入により、しこりや石灰化なども原因の1つです。

●バストの触感が硬い
豊胸手術に使われている素材の感触で柔らかいものから紹介すると、脂肪注入、シリコンバッグ、ヒアルロン酸です。

即効性を重視するならヒアルロン酸ですが、医師の技術によりますが、たくましいバストになってしまう人もいますし、シリコンバックだと、入れた後にカプセル拘縮になってしまうと、硬くなります。

●バストの感触に異物感がある
皮膚脂肪の少ない人が入れてしまうと、バストの外側にリップリングやウェイビングを感じてしまう場合もあります。ですので、手術を受ける前に肌質や脂肪量、乳腺のチェックをしてもらいましょう。

●しこりや石灰化
ヒアルロン酸を1か所にかためて注入してしまうと、しこりの他にも脂肪注入で定着しなかった脂肪が石灰化してしまい、硬くなります。
他にも、老朽化が進むとバックが卵殻状に石灰化することもあります。

●バストの感触麻痺
シリコンバッグをしたときに、神経を傷つけてしまったり、カプセル拘縮が起こってしまうと、乳首の感覚が鈍くなったしまったり、触られただけで痛みを感じてしまう失敗例があります。

●傷が目立つ
シリコンバッグは、脇の下あたりやアンダーを少し切って入れますが、通常は傷痕が徐々に消えていきますが、肌質の医師の技術により傷が残ってしまうこともあります。

●脂肪注入の時に脂肪吸引をした部分の形がいびつになる
医師の技術が伴わないと、脂肪吸引した部分がボコボコになってしまったり、シワになってしまうことがあります。
幹細胞注入は、脂肪の量が必要なので量が少ないのに、無理に吸入してしまうと、周囲との差が出て目立ってしまいます。ですので、医師選びも大切です。

●脂肪壊死
脂肪注入をした2週間後くらいに痛みや赤みや腫れが出た時は注意してください!!
脂肪細胞が血管から栄養を吸収できないと壊死してしまいます。
壊死してしまうと、感染症を起こしてしまう可能性があるので、その時は洗浄と除去の手術をしなくてはいけません。

●シリコンバッグの破損
老朽化やカプセル拘縮で圧がかかってシリコンバッグが裂けてしまうと、手術しなくてはいけません。

●異物が入っていることによる心理的な負担
シリコンバッグ、ヒアルロン酸を入れた後に、温度が冷たい、寝るときに胸が流れないなどと異物感に悩まされ、抑うつ状態になってしまい数日で、取り出してしまう人もいるそうです。

※カプセル拘縮とは
バックは体にとっては異物なので、体が保護しようとしバックの周りに膜を作り、これによって、隔離したスペース成形して、その中にシリコンバッグがあります。

※リップリングとは
シリコンバックのフチのザラザラしているギャザーが触れることを言います。

※ウェイビングとは
波打った感触を言います。

このようにたくさんの失敗例があることも理解して、よく考えてから豊胸手術をしましょう。

豊胸手術のクリニックやドクターの選び方

クリニックやドクターの選び方ってよくわからず、悩んでしまいますよね。ですので、今回はそんな人のために、参考になるかわかりませんが、どのように選べばいいかを書いていきます。

ヒアルロン酸をしようと考えている人は、結果にさほど差が出ません。ですが、始めたばかりのクリニックですと不安ですので、経験が豊富な所を選ぶといいでしょう。症例数を見ればわかると思います。脂肪注入とシリコンバッグの経験があれば尚いいです。ヒアルロン酸の種類もさまざまですが、有名な物ですと、VRFとハイアコープと言うものです。他にも安いものもありますが、この2つがおすすめです。

医師 ナース 病院

次に脂肪注入です。脂肪注入ですと技術と丁寧に注入する技術が必要になります。しこりが出来ないように脂肪を細かく丁寧に注入することがとても大切です。

ですので、カウンセリングを丁寧にしっかり説明してくれる人のいるクリニックが良いでしょう。シリコンバッグの豊胸手術の経験が豊富なドクターがいいでしょう。解剖もわかっているので安心です。

丁寧な施術をしてくれるドクターなら値段が安くても大丈夫です。

有名なドクターでも、丁寧に施術をしないドクターもいますので気を付けましょう。

最後にシリコンバッグです。シリコンバッグは、大きめの手術ですので、経験豊富のドクターを選ぶようにしましょう。修正手術も出来るなら尚いいです。

シリコンバッグの種類はさまざまですが、触感にはさほどかわりませんので、高いものを選ぶ必要はあまりないようです。

豊胸手術には、多額な費用がかかりますので、良く調べてからカウンセリングに行くようにしましょう。オプションによっては、高い料金を請求してくるところもあります。しっかり丁寧にカウンセリングしてくれるのか、追加料金がかかるのかもしっかり調べるようにしましょう。

手術をしてからでは手遅れですので、「簡単にここでいいや」と言う考えはやめましょう。そしてしつこく手術を進めてくるところや説明をあまりせず、ドクターなどの印象が悪い所では、豊胸手術をしないようにしましょう。

症例数やアフターケアの充実している所をネットでも見られるので見てみましょう。カウンセリングが無料の所もあるようなのでそう言ったとことはおすすめです。

そして、患者との距離が近いいドクターもいいでしょう。親身に話を聞いてくれるドクターの方があなたも安心だと思います。

慎重に選ぶようにしましょう。

豊胸手術のメリット・デメリット

GUM14_CL06100今回は、豊胸手術のヒアルロン酸注入とシリコンバッグと脂肪注入の3つ手術方法のメリット・デメリットを紹介します。豊胸手術をしようと考えている人は、簡単に考えずメリット・デメリットを見てみてください。

まずは、ヒアルロン酸注入ですが、メリットは、プチ整形の感覚で、手頃に自然なバストアップが出来ますし、手術は注射のみなので30分ほどで簡単に出来ます。傷もほとんどわからなくなります。

デメリットは、1カップしかアップしませんし1年ほどしか持続しないそうです。なので追加注入しなくてはいけません。触った感じは、少し硬いようです。追加で注入しなくてはいけませんからまたお金がかかりますね・・・

次は、シリコンバッグです。メリットは、2~3カップ以上のハリのある大きいバストに確実になりまし、そして半永久的に持続できます。

デメリットは、半永久的ではありますが、形も触った感触も不自然なので、バレやすいようです。手術後の痛みが強いので、出来れば1週間お休みしたほうがいい。どうせするなら、バレないようにしたいですよね!彼氏とか旦那さんにバレるのは、嫌ですよね。

最後は、脂肪注入です。メリットは、自然な形と感触のバストが手に入りますし、2~3カップほどのバストアップが出来ます。自然なので、見た感じも触った感じもバレにくいです。傷は、1㎝以下と小さくすみます。

デメリットは、半永久的にバストアップを持続することは出来ません。せっかく大きくしたのにバレなくても半永久的では、ないんですね。手術後に最低でも2日は、お休みが必要になります。

脂肪が定着する確率が60%ほどなので持続出来ないようです。そこが欠点ですね!ですが、その欠点を改良して90%も定着出来る脂肪注入が出来たそうです。そうであるなら、気になりますよね♪そちらであれば、バストの持続が出来るそうです。

皆さんメリット・デメリットを見てみてどうでしょうか?

どの方法でもメリット・デメリットがあるものなので、自分でよく考えて自分に合った方法を見つけましょう。やってから「やっぱりあっちにすればよかった」と言っても遅いですし、お金もかかっているのでしっかり考えることと、メリットだけではなく、デメリットもしっかり見ることが大切です。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme